Service

事業展開

加工食品・菓子製造事業

「食」を創る。

どのような時代となっても“食”という文化は変わりません。人が生きる上での基本であり、一番大切なことです。楽しく、美味しくいただける食品は、健康と幸せの源と考えております。 私たちは、そうした“食”の本質に忠実に、「安全・安心」で「美味しい」ことはもちろん、多様化する人々のライフスタイルを見つめ、ニーズに柔軟に対応していきます。 「安全かつ、美味しい食事で、多くの人の心を豊かに。」食品事業部はこの思いを胸に、食を創り続けています。

事業内容

加工食品・菓子製造・販売

当社の代表的商品である「日向夏ドレッシング」「極み 三柑ぽん酢」をはじめ、いずれの商品も安全・安心の材料によるモノづくりを基本とし、この土地ならでは、当社ならではの確かな商品の製造・販売を行っています。 いずれも、手仕事でこそ生み出すことのできる製品ばかりです。

蛤碁石製造事業

「伝統」を繋ぐ。

2020年現在、黒石を含めて蛤碁石を製造しているのは、日本でも唯一当社のある宮崎県日向市のみとなりました。1917年(大正6年)に創業者の黒木宗次郎によってスタートした黒木碁石店は、“碁石を使うのは人であり、人は石と対話する。そのため、石は天然の素材であると同時に、人の手によってつくられる必要がある”という基本思想のもと、今なお連綿と碁石づくりを行っています。

製品概要

【碁石】

蛤貝から作る白碁石、三重県熊野から産出される那智黒石から作る黒碁石のいずれも当社の碁石工場で、毎月製造されています。機械化の進む現代においてもおよそ3か月間、24の工程を通して1粒1粒職人が手に触れ、自身の目で見ながら、入念に仕上げていきます。手に触れた際の納まりの良さはもちろん、工芸品としての純粋な美しさも当社の碁石の誇るところです。

【碁盤】

碁盤・将棋盤に使用される木材として最優良とされる素材が『榧(かや)』です。ほどよい弾力性・美しい木目・色艶・芳香にいたるまで、いずれをとっても榧に及ぶ素材はありません。一般に、「国産本榧」の中でも最高級品と言われるのが九州南部産の「日向榧」です。気候条件により鮮明かつ、目詰まりのよい木目を形成する幻の「日向榧」は、実用性と芸術性においても極上品と言えます。当社ではこの「日向榧」を使用した基盤づくりを行っています。

主要展開

当社では通販事業を通し、日本の誇る伝統工芸品としてアジア圏、欧米、中東と注目を集め、2020年現在では世界数十か国へ商品をお届けしています。 囲碁を愛する棋士の皆様、美しい文化を愛する多くの皆様に、今後も変わらぬ“モノづくり”への想いを届けていきたいと思います。