sdgs

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指すという、国連サミットで採択された国際目標です。
17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leavenoonebehind)」ことを誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

ミツイシ株式会社は、宮崎の魅力ある地域資源を活かしたモノづくりを
通じて、国連が提唱する持続可能な社会の実現に貢献していきます。

ミツイシ株式会社SDGsへの取り組み

多くの方へ「健康」を実現するための活動を支援していきます。

sdgs

●日本赤十字への寄付による医療支援活動
●使用済み切手寄付による保健医療活動への支援
●フードバンク日向“こども宅食事業”へのボランティア活動参画
●健康経営の促進による働く人への健康に対する取り組み
 ※健康診断実施、インフルエンザ予防接種の費用一部補助、社員への有機野菜の配布

分け隔てのない労働環境と地域のサポートにより力強い企業を目指します。

sdgs

●障がい者施設様との業務連携
●社内外部研修への実施・参加
●多数の女性リーダーの活躍
●育児休暇制度産休後の復帰支援サポート
●子育て中の女性が働きやすい職場環境づくりの推進

資源の有効活用や啓発を通じて暮らしや地域に貢献していきます。

sdgs

●クールビズの実施
●裏紙使用による無駄な紙の使用を削減
●地域農産物を活用した商品開発の実施
●電力デマンドの導入により、電気の見える化を実施
●地元小学校でのはまぐり資源から考える地球環境問題に関する出前授業
 (はまぐりプロジェクト)